童貞を捨てるためにするべき3つのこと

日本には約6000万人の男性が暮らしています。

その割合は年々高くなっており、現在では20代の3割程が童貞だというデータも出ているほどです。

SEX未経験の男性という意味で使われる童貞という言葉は男性の大きな悩みの1つとも言えるもので、コンプレックスになってしまったり、トラウマになってしまう方もいる程です。

そんな童貞を捨てることは簡単なことではないのです。

その童貞を捨てるために最低限行うべきことは3つあります。

まず1つ目は「女性と自然に話すスキル」を身につけなくてはいけません。

女性は男性に比べて気配り・配慮に長けていると言われていますが、それは良く人を観察しているということです。

童貞男性の特徴として、コミュニケーション能力が低い傾向にあり、人と話すのが苦手な方も多く存在しています。

特に異性との会話で何を話せばいいのか分からず、黙り込んでしまったり、逆に自分の話題を一方的に話してしまうこともあります。

会話のキャッチボールを意識し、しっかりと「会話」をすることを心掛けるようにしましょう。

また共通の話題を見つけたり、相手が興味がありそうなことを調べるなどの努力を欠かさないようにしましょう。

また聞き上手になることは女性に好かれる要因ともなります。

女性は話を聞いてほしい方の割合が多いため、相手の話をしっかり聞くということを意識することも大切なのです。

特に女性と話すことや、女性を遊びに誘うことを恐れてはいけません。

童貞を捨てるために必要なことの2つ目は、「清潔感」です。童貞を捨てると言うことは女性とお付き合いするということとほぼ同義です。

少なくともあなたとSEXをしても良いと思ってくれるようにならなくてはいけません。

そこで質問しますが、あなたはいつも同じ服を着ているなど身だしなみを整えていなかったり、お風呂に毎日入っておらず髪の毛がギトギトだったり臭い女性とお付き合いしたいと思いますか?

女性は身だしなみをしっかり整えたり、自分磨きをしている方がほとんどです。そのため男性側も身なりに気を使う必要があるのです。

特に女性は男性に「清潔感」を求めるもの。服装はもちろん、髪の毛のセットや顔など最低限の肌の手入れ、ヒゲや眉毛などの手入れはしっかり行いましょう。

お風呂にも毎日入り、悪臭を出さないよう気をつけることも大切ですね。

童貞を捨てるための3つ目のスキルは、「気遣い」です。特に自然に出来るような気遣いは必須と言えます。

自分のことを気にしてくれて、見返りを求めていない優しさを出してくれる方を嫌いな方はほとんどいないでしょう。

女性は人を良く見ていると1つ目の説明の際に話しましたが、さりげない気遣いなどもしっかり分かってくれている方も多くいます。

ベタな例となりますが、道路は男性が歩くようにしたり、重そうな荷物は率先して持ったり、などが挙げられますね。

しかし中にはこういった気遣いが嫌いな女性もいますので、臨機応変に対応出来るようにしましょう。

このように男性が童貞を捨てるためには、女性に好かれるよう「自分を磨く」ことが必要です。決してムキムキな筋肉を付けたり、凄まじいトークスキルを保有する必要はありません。

最低限のやるべきことをしてそれなりに積極性を出せば、お付き合い出来る可能性は飛躍的に高まり、それが脱童貞にグッと近づく要因となるでしょう。

童貞を捨てるなら年上女子と!

童貞、女性からすると初心な男性というイメージがあり、それほど童貞であることがマイナスとはいえません。

しかし童貞本人からすると、とても深刻な問題のようです。

なぜなら、これを人の前で公言してしまうと、モテない奴、チェリーボーイで度胸のない奴なんて思われかねないからなんですね。

しかしながら、誰にでも童貞を失うチャンスってすぐに来るわけではないですよね。なかなか彼女が出来ない。

そんなことよりももっと楽しいことに打ち込んでいた、なんて各自の事情もあるはず。それを考慮して童貞を責めるわけにはいかないのです。そ

んな童貞で悩んでいる人へ、少しでも童貞を捨てるために配慮したいことをここでご紹介します。

童貞ということで萎縮しない

童貞であるというためだけに、精神的に落ち込んでしまう人、また自信が持てない人は少なくありません。

しかし自信を無くして暗く生活をしていると、女性すら寄ってこないという悪循環に陥ってしまうのです。そのためなるべくいつも明るく、そして童貞を言うことだけで委縮しないようにすることが大切です。

童貞は恥ずかしいことではなく、これまで失うチャンスがなかっただけ。

これからはいつでもチャンスがあると捉えて、明るくその時を持っている方がいいのです。

童貞を失うなら、年上女性と

自分より年下の女性に、童貞だと思われるとちょっと嫌ですよね。バカにされた気分です。

それを回避するためにも、童貞を失う時には、年上女性を相手にするといいでしょう。なぜなら年上女性であれば、しっかりと甘えることもできる。また童貞であることで萎縮しなくてもふるまえるというメリットがあるからなんです。

特に年上女性の中でも経験豊富な女性は、童貞なんて初心な男性に慣れていません。

そのため、きっと可愛がってくれるはず。また年上の女性で恋愛に慣れている人は、もう優しくされることに慣れています。そのため、童貞が一生懸命に行うことに新鮮さを感じることがあるのですね。

つまり年上女性の前では童貞も別の魅力を持った男性になるということ。

年上の女性の前だと正直に馴れることだってありますよね。また恥ずかしさだって隠さなくても大丈夫なのです。そのようなメリットがあるので、童貞を失うなら年上女性としてしまうのがおすすめです。

まとめ

童貞を悩む必要は全くありません。それがデメリットになることはないからです。

しかし精神的なコンプレックスになることは確か。そのためしっかりと前を向いてチャンスをものにしていくことが大切。

そしてそれがコンプレックスを感じなくてもいいような年上の女性とすることが大切です。