女性と仲良くなって童貞を卒業するために

自分を変えれば童貞に悩む必要なし

引きこもり気味だけど脱童貞を望む人、いますよね。たまには出掛けるしだからどうした?と言われそうですね。

でもそこで女性と知り合って仲良くなる事はないと思います。それは出掛けているだけで自分のパーソナルスペースからは出ない人が多いかと思われます。

町に馴染むとは町の色に染まるという事です。周囲の環境や人達と似た色、つまり感性を身に付けるという事です。どこかで自分と人は今く行かないと敬遠しているメンもあるかと思われます。

そうやって自分で壁を作っているのです。自分の感覚だけが発現している状態では人はなかなかに近寄りがたかったりもします。まずは人を受け入れる体制を作らないといけません。

そのために周りの環境や人間の事を観察して免疫を作るのです。人の目なんか気にしなくても貴方は貴方なので、少しずつ変わっていきましょう。

自分が変わればいつの間にか人とも仲良くなれます。相手が居ないと話になりませんからね。

相手の立場に立とう

女性とは友達にはなれるのにそれ以上に発展しないと言う話を耳にします。

凄く頼りにされるし何でも話せる仲なのに、何故かは分からないけどそれ以上には発展しないというケースが多いです。大体のケースは自己主張が強すぎるからです。

何も強烈なインパクトだけが自己主張ではないです。要するに相手の立場に立てていない、いわゆる空気を読めていないんですよ。

女性は特にこの空気感で相手を判断します。自分と合う相手そうでない相手、合うけど男性としては見れない相手などは全て印象値である空気感です。

そこで相手の立場に立てる優しさを発揮すれば話は簡単です。仲良くなれているなら簡単に転がす事ができます。自分はちゃんと空気を呼んでる、相手の立場にも立ってると思った貴方!

それは勘違いですよ。もし出来ているなら貴方の望む関係に至っていますよ。今まさにしてしまった話を受け入れない体勢、自己主張が盲点なのです。

これ感覚として外に出てしまいます。ポイントは主張するタイミング。欲しい言葉や空気をその時に作れるか否かです。独りよがりな優しさは優しいけど・・と女性にブレーキをかける原因になります。

今の貴方は恐らく「いい人」と、気になる人からも評価されていますよね。これ勘違いしないで下さい。

「都合のいい人」なんですね。でも安心してください。どんないい人であれ、その立場にいるのなら後は自分自身の主張しすぎている部分を受け入れてしまえばたちまち風向きが変わります。

「いい人」から「優しい人」「頼りになる人」に昇格すればこっちのもんです。ご飯にでも誘ってその後は卒業式を迎えてください。
 

まとめ

童貞の多くは想いが強すぎる傾向にあります。エッチに対する強い欲求や自分自身が信じる事を少し主張しすぎる、どうせ上手くいかないなど様々です。

必要ないです。人生には色んな思考が存在しますし色んな人が居ます。自分なんて無くても童貞は卒業できます。何に重要性を見出すかです。

柔軟な考えを持てば女性も寄ってきます。童貞にコンプレックスは敵です。自分の意識を少し変えるだけで世界は明るくなりますよ。

童貞であることはかえって好ましく思う女性もいる上に隠そうとすれば案外わかりにくいものです。

男性にとっては性的な行為をするにあたって、まだ未経験である場合は女性から童貞とばれてしまうとそれだけで嫌われてしまうのではないかと思い、さらに童貞を捨てられないという悪循環に陥ることがあります。

中には童貞が発覚するのが恥ずかしいと思って、多くの男性が童貞でなくなる20代に差し掛かってもまだ性的な行為が一度もできていないという人もいるくらいです。

しかしながら童貞が発覚してしまったら恥ずかしいので嫌だといったような心配をする必要はありません。

女性の中にはいわゆる童貞キラーといわれる、性的な体験をしていない男性がいいという人も意外に多くいるものです。特に自分よりも年上の女性に関しては男性が童貞であっても気にしないという人、むしろ好ましく思う人も多いものです。

そのようなことからあえて優しそうな年上の女性を初めての相手として選ぶと、童貞であることを気にせずに性的な行為をすることが可能になります。

また童貞であることに関しては、自分で申告しない限りは意外に相手に気づかれないこともあります。男性はよほど性的な体験が豊富でない限り、例え童貞でなくても初めて性的な行為をする相手に対して緊張してしまうことが多いものです。

緊張の度が過ぎる場合には、童貞の人と同じように最後までできずじまいだったというような人もいるくらいです。

そして男性の場合は女性と違い、初体験だとしても出血したりして童貞であることが明らかにばれてしまうような状況になることもありません。そのようなことから童貞であることは相手に対して隠すことは決して不可能ではないのです。

どうしても相手に童貞とばれたくない場合は、前もって性的な知識を身につけておくとばれるようなこともありません。

具体的にはアダルトなDVDや動画を見て参考にしたり、本や雑誌やインターネットで情報を見て性的な行為について大体の内容を覚えておけば初めて性的な行為をしても童貞であることを隠せる可能性はより高くなるのです。

また相手となる女性についても慎重に見極めることで童貞であるという事実に気づかれずに済むものです。雰囲気的に男性のことを見下しているような女性を選んだ場合、童貞であることが見抜かれた際にはそれだけで破局する原因となったりバカにされてしまうこともあります。

そのようなことから初めて性的な行為をする女性についてはどちらかといえばおとなしめであったり、処女である可能性が高そうな人を選ぶべきです。

童貞であるという事といっそ諦めてしまう考え方について

一般的に性交未経験者の男性の事を「童貞」いう分に呼ばれていますが、童貞なんてものは捨てれる機会があればどのような手段でも早々に捨てておくべき概念であり、成人男性において童貞という称号は人生において何の得ももたらすことはありません。

初対面の時点では相手は自分の事を童貞だという判断はつくことはまずありません。

ですが、次第に交友を重ね、相手側と恋仲になった時は当然行為をする場面が必ず存在し、男性が未経験であれば相手側に不信感を与えてしまう事もあります。

何よりお互いに成人しているのであれば当然性行為の経験がある物だと思い相手側もその前提で自分と付き合っている物だと思うので幻滅される事は間違いありません。

男性の未経験、女性であれば処女性というのは女性であれば初めてを相手の捧げられるという行為に価値がある概念です。

ですが、男性の初物は世間一般ではそれほど価値のあるものでは無く、性交の経験があればあるほどそれだけ行為にテクニックが上昇するという物ですので女性からは嫌がられることも多いです。

30代40代50代と年齢を重ねるにつれ童貞を捨てる機会も減少してしまいますし、場合によっては童貞のまま生涯を閉じてしまうという事にも繋がりかねません。

童貞を捨てるには至極単純な話「相手と性行為」をすればいいのです。

風俗といったサービスの利用も十分選択肢の内に入りますし、せっかく自身には性器があり快感を感じることができるのですから手段なんてものは関係ありません。

それでも相手側と性行為を行う機会がない人は、最終手段の考え方である「自分は童貞のままで生きていこう」という、考え方は人それぞれという自身にとって都合よく世間一般の考えをうまく捻じ曲げることも手段の一つとして有効です。

行為をできる機会があれば真っ先にすることをお勧めしますが、自身の性格といった様々な要因でそれが困難な人がいるのも事実です。

今生は一切性交をする機会がないと感じ取ってしまったのであれば、行為すること自体をあきらめることも自身の精神衛生上良いことにもなりえるのです。

童貞であることをいつまでも負い目に感じ生きていくのは、常に「童貞」という牢獄に縛られている状態とも言え健全な事ではありません。

世の中にもどうしても自分に縁の無い、もしくは実行不可能な事柄はどのような人にも存在します。童貞の人はそれが性行為だけだったという話であり、決して恥ずべきことではないのです。

出会い系で童貞を卒業できるってホント?

童貞を捨てるためにするべき3つのこと

日本には約6000万人の男性が暮らしています。

その割合は年々高くなっており、現在では20代の3割程が童貞だというデータも出ているほどです。

SEX未経験の男性という意味で使われる童貞という言葉は男性の大きな悩みの1つとも言えるもので、コンプレックスになってしまったり、トラウマになってしまう方もいる程です。

そんな童貞を捨てることは簡単なことではないのです。

その童貞を捨てるために最低限行うべきことは3つあります。

まず1つ目は「女性と自然に話すスキル」を身につけなくてはいけません。

女性は男性に比べて気配り・配慮に長けていると言われていますが、それは良く人を観察しているということです。

童貞男性の特徴として、コミュニケーション能力が低い傾向にあり、人と話すのが苦手な方も多く存在しています。

特に異性との会話で何を話せばいいのか分からず、黙り込んでしまったり、逆に自分の話題を一方的に話してしまうこともあります。

会話のキャッチボールを意識し、しっかりと「会話」をすることを心掛けるようにしましょう。

また共通の話題を見つけたり、相手が興味がありそうなことを調べるなどの努力を欠かさないようにしましょう。

また聞き上手になることは女性に好かれる要因ともなります。

女性は話を聞いてほしい方の割合が多いため、相手の話をしっかり聞くということを意識することも大切なのです。

特に女性と話すことや、女性を遊びに誘うことを恐れてはいけません。

童貞を捨てるために必要なことの2つ目は、「清潔感」です。童貞を捨てると言うことは女性とお付き合いするということとほぼ同義です。

少なくともあなたとSEXをしても良いと思ってくれるようにならなくてはいけません。

そこで質問しますが、あなたはいつも同じ服を着ているなど身だしなみを整えていなかったり、お風呂に毎日入っておらず髪の毛がギトギトだったり臭い女性とお付き合いしたいと思いますか?

女性は身だしなみをしっかり整えたり、自分磨きをしている方がほとんどです。そのため男性側も身なりに気を使う必要があるのです。

特に女性は男性に「清潔感」を求めるもの。服装はもちろん、髪の毛のセットや顔など最低限の肌の手入れ、ヒゲや眉毛などの手入れはしっかり行いましょう。

お風呂にも毎日入り、悪臭を出さないよう気をつけることも大切ですね。

童貞を捨てるための3つ目のスキルは、「気遣い」です。特に自然に出来るような気遣いは必須と言えます。

自分のことを気にしてくれて、見返りを求めていない優しさを出してくれる方を嫌いな方はほとんどいないでしょう。

女性は人を良く見ていると1つ目の説明の際に話しましたが、さりげない気遣いなどもしっかり分かってくれている方も多くいます。

ベタな例となりますが、道路は男性が歩くようにしたり、重そうな荷物は率先して持ったり、などが挙げられますね。

しかし中にはこういった気遣いが嫌いな女性もいますので、臨機応変に対応出来るようにしましょう。

このように男性が童貞を捨てるためには、女性に好かれるよう「自分を磨く」ことが必要です。決してムキムキな筋肉を付けたり、凄まじいトークスキルを保有する必要はありません。

最低限のやるべきことをしてそれなりに積極性を出せば、お付き合い出来る可能性は飛躍的に高まり、それが脱童貞にグッと近づく要因となるでしょう。

童貞を捨てるなら年上女子と!

童貞、女性からすると初心な男性というイメージがあり、それほど童貞であることがマイナスとはいえません。

しかし童貞本人からすると、とても深刻な問題のようです。

なぜなら、これを人の前で公言してしまうと、モテない奴、チェリーボーイで度胸のない奴なんて思われかねないからなんですね。

しかしながら、誰にでも童貞を失うチャンスってすぐに来るわけではないですよね。なかなか彼女が出来ない。

そんなことよりももっと楽しいことに打ち込んでいた、なんて各自の事情もあるはず。それを考慮して童貞を責めるわけにはいかないのです。そ

んな童貞で悩んでいる人へ、少しでも童貞を捨てるために配慮したいことをここでご紹介します。

童貞ということで萎縮しない

童貞であるというためだけに、精神的に落ち込んでしまう人、また自信が持てない人は少なくありません。

しかし自信を無くして暗く生活をしていると、女性すら寄ってこないという悪循環に陥ってしまうのです。そのためなるべくいつも明るく、そして童貞を言うことだけで委縮しないようにすることが大切です。

童貞は恥ずかしいことではなく、これまで失うチャンスがなかっただけ。

これからはいつでもチャンスがあると捉えて、明るくその時を持っている方がいいのです。

童貞を失うなら、年上女性と

自分より年下の女性に、童貞だと思われるとちょっと嫌ですよね。バカにされた気分です。

それを回避するためにも、童貞を失う時には、年上女性を相手にするといいでしょう。なぜなら年上女性であれば、しっかりと甘えることもできる。また童貞であることで萎縮しなくてもふるまえるというメリットがあるからなんです。

特に年上女性の中でも経験豊富な女性は、童貞なんて初心な男性に慣れていません。

そのため、きっと可愛がってくれるはず。また年上の女性で恋愛に慣れている人は、もう優しくされることに慣れています。そのため、童貞が一生懸命に行うことに新鮮さを感じることがあるのですね。

つまり年上女性の前では童貞も別の魅力を持った男性になるということ。

年上の女性の前だと正直に馴れることだってありますよね。また恥ずかしさだって隠さなくても大丈夫なのです。そのようなメリットがあるので、童貞を失うなら年上女性としてしまうのがおすすめです。

まとめ

童貞を悩む必要は全くありません。それがデメリットになることはないからです。

しかし精神的なコンプレックスになることは確か。そのためしっかりと前を向いてチャンスをものにしていくことが大切。

そしてそれがコンプレックスを感じなくてもいいような年上の女性とすることが大切です。